マルチビームソナー

陸海空のあらゆる領域での三次元計測

弊社では、新たな技術革新の波に乗り、マルチビーム測探機を利用した計測を開始したことをお知らせ申し上げます。
これにより、従来のUVAレーザや地上波レーザに加え、より高度な測量が可能となり、ダム、湖、河川、そして湾岸など、陸海空のあらゆる領域において、より精緻で正確な3次元計測を行うことできるようになりました。

この革新的な技術の導入により、我々はより迅速かつ効率的に、そして最高水準の品質でプロジェクトを推進してまいります。皆様とともに、新たな可能性を追求し、より良い未来を創造していくことを心より願っております。

マルチビーム測探機による水中地形の計測

マルチビーム測探機(Mulitibeam Echo Sounder)は、水中地形を詳細に調査するための装置です。一般的には船舶に搭載され、海洋調査や海底地形のマッピング、航路の安全確保、海底資源の調査などの目的で使用されます。

マルチビーム測探機の特徴と動作原理

- 特徴 -

マルチビーム測探機の特徴と動作原理

 

- 動作原理 -

マルチビーム測探機は、音波を利用して水深を測定します。基本的な動作原理は以下の通りです。

マルチビーム測探機は、海洋学、地質学、地理学、海洋工学などの分野で広く使用され、水中地形の詳細な調査や地形図の作成に貢献しています。

コラボレーションの可能性

UAV(Unmanned Aerial Vehicle)レーザ、地上型レーザ、およびマルチビーム測探機のコレボレーションは、さまざまな分野での地形や水深の測定、地形モデリング、海洋学、地質学などの研究に役立つ可能性があります。

これらの3つの技術を組み合わせることで、地形の多角的な観察が可能になります。UAVが上空から全体像を提供し、地上型レーザーが詳細な地形を測量し、マルチビーム測探機が水中の地形を測定することで、総合的な地形モデルを作成することができます。
このような総合的なアプローチは、環境調査、災害管理、都市計画などの分野で有益です。

担当スタッフ

  • 湊 清成

ページの先頭へ

株式会社 共和本社
〒648-0005 和歌山県橋本市小峰台2丁目13番16 TEL 0736-26-8218 FAX 0736-26-8219
URL.https://www.gis-kyouwa.co.jp/